そんな印刷業のオーナは、企業存続の根幹は、この「超マーケットイン」により顧客が気づいていないニーズを提案することしかない。

 一方、「中小企業白書」において「『団塊の世代の引退』と、高度成長期に大量に創業した『創業者世代の引退』という2つの世代交代の波が重なり合い、事業承継と技能承継のいずれも重大な局面を迎えている」と指摘されている。


お客様である企業のお客様にどういうサービスができるのかではなく、
今までお客様ではない領域の未来のお客様集団を、
お客様にするのが超マーケットインの真髄です。


自社の技術力を保持し過去の成功体験を基に製品開発という手法は、
化石であり、今からは、役に立たない。


設備過剰、国内経済の停滞、加えて団塊の世代の年金生活開始。


そのため国税の減収は、大きい。


そんな印刷業のオーナは、企業存続の根幹は、この「超マーケットイン」
により顧客が気づいていないニーズを提案することしかない。


これが、2012年の印刷営業(それもトップ営業)にとって最重要な視点です。


■[参考] デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。