苦手な持久走

自分が子供のころにめちゃくちゃ苦手だった持久走
いつもビリから数人目だったような…
子供が大きくなると、そんな昔の自分も忘れて
もっと頑張れよ~とか言ってしまう
小学生の息子は、超平均的で学力も、運動も、普通って感じだった
走るのなんか面倒って感じで、けして太っていないからバテてるっていうより
持久力と筋力が鍛えられてないって感じだった
少年団はいって、練習の最初にグランド走ったり、練習メニューで走ったりしてるうちに
なんか自信がついてきたらしく、軽々こなせるようになってきた
意外と強かったみたいだ。

母の自分が持久走が苦手で運動音痴だったから
似てるのかな~なんて勝手に運動はそこそこだろうなんて決めつけていたけど
あれ?あれ?こんなこともできるの?って言うくらい成長し始めた
やっぱり良いセルフイメージって大事なのね
ほんとうにビックリするくらい成長している
親としてちょっと反省した