リブラで行った最初が、30万件のDM用はがきの製作です

リブラで行った最初が、30万件のDM用はがきの製作です。


システム検証した結果、インデザインファイルとして100Pを超えると、パフォーマンスがどんどん悪くなります。

そこで、試行の結果10Pずつ処理して、できたインデザインファイルをリブラの処理の中でPDFに変換しサーバーにかきだすというパラメータ設定にして、30万件=4面シートで7万5千ページを一気に書き出させました。


10Pが1ファイルだからPDFは、7500ファイルになります。


これも、アクロバットの連結機能により1ファイル320P分として作成し、PODへまわしました。

これも元データ30万件を320ページ分=1280件を串刺しで出せるようにアクセスのDBをソートしなおしています。