お義母さんに教わること

お義母さんの携帯に電話がきました。

相手は前の職場での友達。

何人かで会う約束をしていた日に用事ができて行けなくなってしまったとの内容。

相手は自分が行けなくなったことを他の友達にも言っておいて欲しいとお義母さんに頼みましたが、お義母さんは「自分のことだもの、自分で言わなくちゃ」と相手の要求をキッパリとお断り。

そうこれが、お義母さんなのです。


『自分のことは自分で』は、子ども達にも当てはまります。

着替えやお片付け、おもちゃのレールの組み立て、幼稚園の準備に至るまで、ついつい親がやってしまうことも、出来ることは自分でやらせる。

親が何でもやってしまうと、小学生や中学生になって、子ども自身が親がいないと何も出来ない子になってしまう。

お義母さんから教えてもらったことです。


親として何でもしてあげてしまいがちですが、子どもの自立心や積極性を育てる為にも大事なことなんですよね。