ヘッドの走らせ方

ボールを遠くへ飛ばすためにもヘッドスピードを上げることは大切です。

ただしアマチュアの多くは、私も含め力一杯振ることが飛ばしに繋がると考えがちです。

また、ゴルフ雑誌をよく読んでいる方は、力を抜いた方がヘッドスピードが上がるということは科学的にも証明されていることはご存知だと思いますが、ボールを目の前にするとどうしても力んでしまうのがゴルフはの悲しい性です。

そこで今回はゴルフクラブを振るということからは逆の発想でヘッドスピードの上げ方を考えたいと思います。

ヘッドスピードを上げるためには、ゴルフクラブの構造を利用する方法があると思います。

ドライバーはなぜ長いかというと遠心力を利用するためです。

遠心力を利用するということは支点が必要になりますので、この場合の支点は、グリップになります。

つまり、ダウンスイングでグリップが右腰の位置に降りてきたら、そこで止める意識で振ってみてください。

ダウンスイングでグリップに急ブレーキがかかるため自然とヘッドが手元を追い越して走るようになります。

こちらでもヘッドスピードの走らせ方が紹介されていますのでぜひ参考にしてみてください。