為替取引ビギナーが見たら何の為のチャートですか?

外為市場の外国為替証拠金取引について考えてみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)は二種類の貨幣を売り買いし両方の通貨の差し引いた利益をもらうといったようなやり方なのです。

この二種類の金の関係で発生する差額をスワップ金利と呼ぶのです。

こうしたスワップ金利とは本当はスワップポイントと呼ばれるらしいです。

このスワップ金利というのは一日でも受け取る事が出来ますがその日の相場の動き方によって異なってくるらしいです。

こんな風なFXのスワップポイント(スワップ金利)を取得することをねらって外国為替証拠金取引(FX)の為替の取引をする人たちもいるらしいです。

スワップポイントはFX業者によっても違うところがあるのでほんの少しでも儲けが多い取引業者で取引したいものですね。

ただしスワップポイント(スワップ金利)は為替の相場が動くことで一緒に動いてしまうので用心してください。

もう一つ取引を行うにはグラフを読めるのが必須となります。

こうした図表を読めれば為替の取引の変動を読み取る事が出来るようになるのです。

為替取引ビギナーの人が見たとしたら何の為の図表?のように難しく思えると思いますがポイントを覚えていることで図を読む事が出来るとのことです。

いつから日本円が上昇するだろうとか下がるという風にこの時が最近では円安などとこのグラフを読める事で判定が可能となり為替トレードを行うためにはかなりためになる情報となるのです。

図は日本の中ではローソク足が使われるのが普通で名前通りローソクの形みたいな図表で書かれているのです。

そのローソク足(陰陽足)で高値とか安値また終値か始値などを表現していてチャート図は多種多様な形状となっています。