何とかするのですっ!

築60年越えの我が家。

3歳の娘との楽しい食卓を囲んでいる最中に、メキッと言うなんとも言えない不吉な音とともに、なんと天井板が剥がれ落ちてきました。

あまりの出来事に泣き叫ぶ娘。

私自身は、頭が真っ白になりました。

と言うよりも、家のあまりのボロさに寒気がしました。


この古民家は、父が大工になりたてのころに建築した家です。

その父も今は、肺気腫と認知症で寝たきり。

母は、結婚後働いたこともなく、70歳台に。

家の床はたわみ、とたんは剥がれ落ち、そこらじゅうで雨漏りがします。

私はシングルマザー。

私がなんとかこの家を建て直さないと!と一念発起した私。


今日も、保育士として子ども達にもみくちゃにされながら勤務してきました。

保育士同士の難しい人間関係に奮闘し、生活発表会で着る子ども達の衣裳ベストをミシンで縫い!
帰宅して剥がれ落ちた天井を見て、もっと働いて絶対に家を建て直してやる!と心に誓いました。


働く目標は、娘に綺麗な家をプレゼントすることです。


小さな小住宅でもいいので、綺麗で安全な家で娘と暮らしたいのです。

ゾゾ 買取
働いていたら嫌なこともあるけど、目標がはっきりしていれば頑張れます。

剥がれ落ちた天井を見て、目標を再認識しました。

家が崩壊する前に、なんとか資金をためれるよう、明日もまた母は頑張って仕事します!